ローマの伝統菓子/チャンベッレ・アル・ヴィーノ

c0220786_10323524.jpg


【ciambelle al vino rosso】
チャンベッレ・アル・ヴィーノ・ロッソ

ローマのお菓子というと、シチリアやナポリとかと比べて
すぐ思いつくような有名なものがないのだけど、
これはそんな地味なローマのお菓子のひとつ。

ちょっと前に友達とローマ近郊の街
カステル・ガンドルフォに夜車で行って、
その時屋台のようなお店がたくさん並んでいて、
パニーニとプラスチックのカップにつがれた
vino novello(イタリア版ヌーヴォー)をぱくついた後
このチャンベッラをがしがし残ったワインに浸しながら食べた。
その友達はパドヴァの友達で、
「ローマに来るとこれが食べたくなるんだよね〜」
といってすごい勢いでたいらげたので
これローマのお菓子なんだなとインプット。

フランスのバターをたっぷり使ったクッキーに比べて
イタリアのってなんか固かったり軽すぎたりで
いまいちだと思っていたけど、
こうして「浸して食べる」のがイタリア人の得意技なので、
むしろそれを考慮して、
染み込みやすい生地に作ったりしてるのかも。


c0220786_1033914.jpg
c0220786_10333539.jpg





名前の通り生地に40%近く赤ワインが入っているので
ランブルスコとか発泡性赤ワインの甘口と合わせる。
vino novelloでも発泡してるのがおすすめ。

ちなみに白ワインバージョンもあり。
[PR]

by chicca-blog | 2009-12-06 10:36 | イタリアドルチェ・ジェラート

<< もうすぐバカンス カステルサンタンジェロの虹 >>