リモンチェッロ二種

c0220786_7313421.jpg




4月から仕込んでいたリモンチェッロがようやく完成。
これもアマルフィで働いた時にマンマから習ったレシピなのですが、
以前作った時に味が少し薄い気がしていたので
いつもより大きいレモンを使い数も増やして、
漬ける時間を長くしてみました。


c0220786_7371293.jpg
c0220786_7373748.jpg


とろみがでてこれはこれですごいおいしい!
のですがやっぱりもうちょっとさっぱり感があっても良いのかな
という気もしだして(汗)、
次回はもうひとつのレシピ、
レモンの量を二倍にして短時間漬け込む、
というレシピを試したいと思います。


c0220786_7341367.jpg



クレーマ・ディ・リモンチェッロの方、
これは昔おいしそうと思って買ってしまって大はずれ、
それからまったくひかれなかったんですが、
最近友達がおいしいと大絶賛していたので作ってみました。
これは手作りの方が断然おいしい!

ただいま冷凍庫で二本、
キーンと冷やしてあります。





ふたつのランキングに参加中です。
よろしければぽちぽちお願いします。

イタリア情報ブログ村ランキングへ

ヨーロッパ情報ブログランキングへ




CREMA DI LIMONCELLO

アルコール(95%) 250g
無農薬レモン 大4
牛乳 250g
生クリーム 250g
1/2 バニラのさや
砂糖 400g


1.レモンの皮を、白い部分が入らないように薄く剥く。
2.瓶の中にアルコールを注ぎレモンの皮を入れ、
 蓋をきつく閉めて一ヶ月、陽のあたらない涼しい場所に保管する。


一ヶ月後、(ちょうど皮が白く、アルコールが黄色くなってきた頃)
3.生クリームと牛乳、バニラのさや、砂糖を沸騰させてから冷やしておく。
4.レモンの皮をアルコールから取り除き、3と静かに混ぜる。





*リモンチェッロの方もまた次回試してみて
 おいしい方のレシピを載せたいと思います!
 その前に消費しないと。
[PR]

by chicca-blog | 2010-05-29 07:44

<< フレンチ介護食 パルマで食べる! >>