カテゴリ:ローマ散歩( 33 )

ローマの夜

c0220786_423351.jpg



8月に入ったらもう秋かと思うくらい涼しい日が続き、
今日は特に朝晩ひやっとするくらい。
買い物に行ったらブーツをはいている人までいて、
それでもおかしくないくらい秋、という感じが漂っています。

それに比べて観光客、
特にドイツや北欧なんかから来ている人たちは
ものすごく露出度が高く日光を欲している!という感じ。
イタリア人は厚着、観光客は薄着、
というのがこの時期のローマの特徴かもしれないです。




c0220786_441971.jpg

夏になるとテベレ河岸にたつ屋台



といいつつイタリア人の多くがバカンスに出かけ
人があまりいない街を歩くのも気持ち良く、
夜になるとどこから来るのかと思うほどの人、人、人。

多くの人が昼間は家にいて、
夜になると出かけ始めるんですよね。


週末に義両親が来ていたときも、
夕方に「陽が落ちる前に散歩でも・・・」
とさそったら
「暗くなってからじゃないと出たくない」
と言われて、イタリア人の行動様式を納得。


といってもこれは夏に限らず学生なんかにも言えることで、
みんなお金があまりない学生達は昼間は学校・家で勉強、
8時に夕食を家でしっかり食べた後外出、
というパターンがすごく多いです。
車がある友達と連れ立ってチェントロに集まり、
映画を見たりエノテカに行ったり友達の家に行ったり。




c0220786_45304.jpg



最初のうちはみんなで一緒に出かけるとなると
「夜の10時集合」とかで結構びっくりしたのですが、
お金もあまりかからずに遊べるのでなかなか便利と思うようになりました。



そういうわけで私たちも夜に出かけてばかりいますが、
夜の12時くらいまで人でごった返していた道やら広場やらが、
深夜二時頃を過ぎると一部のお店を除いて
ぱたっと人がいなくなります。




c0220786_462296.jpg




昼間は人だかりで近寄る気にもならないトレビの泉やナヴォーナ広場なんかも
ゆっくり見れて印象が違い、ライトアップされてほとんど誰もいなくて本当に綺麗。
だいたい歴史的建造物や大通りは深夜でも警察が立っているので
細い道なんかに入り込まなければ危ない感じはないです。
こういう時間にゆっくりじっくりローマをまわるのもおすすめ。
いや、でも深夜二時を過ぎて歩き回ることもあまりないかもしれないですが。





今日は夜景ばっかりのローマでした。


イタリア情報ブログ村ランキングへ

ヨーロッパ情報ブログランキングへ
[PR]

by chicca-blog | 2010-08-06 04:11 | ローマ散歩

ローマの現代アート美術館、MAXXI

c0220786_943755.jpg


今日はあまりローマらしくもない写真ばかりなんですが、
5月30日に開場したばかりのMAXXIに行ってきました。

ローマの北、フラミニオをさらに北上した
オリンピック・スタジオの近くにできた、
現代アート美術館。

c0220786_954015.jpg


c0220786_961867.jpg


ロンドン在住のイラン人女性Zaha Hadidによる建築です。


c0220786_97983.jpg


c0220786_975044.jpg


c0220786_982557.jpg


c0220786_985171.jpg


実はもうひとつノメンターナにも
MACROという美術館が建設されていて、
こちらはOdile Decqというフランス人女性によるものです。
(ただこちらは5月29、30日だけ開場、
後は秋に本格的に開場するそうです)



初めて新聞で写真を見た時、
全くローマだと思わなくて
きっとこういう美術館が東京なんかにできていたとしたら
そこまで興味をもたないと思うんですが、
こんなに本格的な現代建築が
ローマの街にとけこんでいくのを見れるのは
幸運だと思うしかありません。



そういえば安藤忠雄が「15世紀の海の税関」の改修を手がけた
ヴェネツィアの現代美術館、‘プンタ・デッラ・ドガーナ’も、
ヴェネツィアに行くことがあれば絶対に見てみたいもののひとつです。



こういう新しいものがどんどん生まれて行く場所が
ローマやヴェネツィアであるのは本当に、
イタリアの凄さを感じる瞬間でもあります。
住んでいると
「この人たち2000年前からの恩恵に与っているいるだけで
努力してないのでは?」とよく感じるし
じっさい殿様商売をしていると絶対に思いますが
こういう過去の遺産がたくさんある街が
新しいものを受け入れたり変わって行く素地があるというのは
都市でも人でも魅力的であり続ける秘訣なのかと思います。




c0220786_993634.jpg



こちらはMAXXIと同じ通りにあるAuditoriumという「音楽公園」。
ジェノバ出身の建築家、Renzo Pianoによる建築です。
MAXXIから歩いて10分くらいで、
両方ともカフェと本屋さんがあります。




MAXXI
via Guido Reni, 4 A





L'Auditorium Parco della Musica
viale Pietro de Coubertin




MACRO
Via Reggio Emilia 54





ふたつのランキングに参加中です。
よろしければぽちぽちお願いします。

イタリア情報ブログ村ランキングへ

ヨーロッパ情報ブログランキングへ
[PR]

by chicca-blog | 2010-06-05 09:13 | ローマ散歩

メルカートで

c0220786_6113476.jpg




果物がどんどん出てきておいしい季節なので
やはり足繁くメルカートに通っています。

c0220786_6121444.jpg



イタリアに来てから、
春から夏にかけて冬では考えられないくらいたくさんの果物を食べます。

日本にいるときは冬でもみかんとかよく食べてたし
フルーツの消費量が季節によってここまで変わる、
ということなかった気がするんですが、
やっぱりイタリアは日本と比べて
同じ様に輸入フルーツが増えているとはいえ
ハウス栽培とかあまりしてないからなのかな。

レストランでもこの時期はジャム作りと
ここぞとばかり果物を使ったお菓子ばっかり。




一生懸命働くおじいちゃんと

c0220786_6174580.jpg



寝てるおじさんと!
c0220786_618483.jpg




いやー
いい季節ですね♪



ふたつのランキングに参加中です。
よろしければぽちぽちお願いします。

イタリア情報ブログ村ランキングへ

ヨーロッパ情報ブログランキングへ
[PR]

by chicca-blog | 2010-06-03 06:24 | ローマ散歩

Lago di Bracciano ブラッチャーノ湖

c0220786_752730.jpg





週末にローマ近郊のブラッチャーノという湖に行きました。
電車で中心から一時間くらい。
最近は家でじっとしていられないほど良い天気、
昼からどんどん出かけても気持ちいい気候です。



c0220786_7425341.jpg




到着した駅が湖を見下ろす小高い丘というか小さい山というか、
中心に湖を見下ろすように城があり
それを囲んで周囲に小さいborgoが形成されています。




c0220786_773258.jpg


c0220786_783772.jpg


c0220786_7405461.jpg





細い、viaではなくvicoloと呼ばれる小道が続く街並は
やっぱり大好きなborgoの特徴。
こんなところで道に迷って歩き回ったり
道の奥にあるトラットリアとかで食事なんかしたら
さぞかし幸せな時間が過ごせるであろうと思われます。






c0220786_763629.jpg


そういえばトム・クルーズが以前結婚式を挙げたのはこのお城だったそうです。
そういえば当時ローマ近郊の街とか言われてお城が映されていたような。

こうして何でもない日曜の夕方に来てみると
そんなに派手さも大きさもない小さな街に見えますが、
ヨーロッパの外から見ると「隠れ家」的な魅力的な街に見えるのでしょうか。
そういえばローマ出身の同僚も来月この街のヴィラで結婚式を挙げます。
確かに美しい湖、それを見下ろすお城、
かわいらしい小さい街が揃ったいいロケーションです。




c0220786_7435766.jpg



この街からけもの道のような急な下り坂を15分ほど歩くと湖畔にでます。


c0220786_7444564.jpg



湖というのは開放感がありながら
海辺とは違った上品さが漂っていて
その中途半端さが妙な安心感を醸し出していて
こうして海には少し早い夏前の休日を過ごすのは最高の場所です。



ボートで湖の中心まで行って少し昼寝しました。



c0220786_745750.jpg



c0220786_7453091.jpg




いつもこんな休日が過ごせれば最高!
というようなリラックスした一日でした。




c0220786_7462933.jpg








ふたつのランキングに参加中です。
よろしければぽちぽちお願いします。

イタリア情報ブログ村ランキングへ

ヨーロッパ情報ブログランキングへ
[PR]

by chicca-blog | 2010-06-02 07:50 | ローマ散歩

Villa Doria Pamphilj ドーリア・パンフィーリ公園

c0220786_6482121.jpg



やっと春らしく晴れてきた日、
パンフィーリ公園へ行ってきました。

ローマ中心部からさして遠くはないものの、
何しろ広い公園なのでピクニックを決め込んでいかないと
結構歩くことになります。


c0220786_6491662.jpg



c0220786_6495125.jpg



c0220786_6501793.jpg






「池でTartarga タルタルーガ(亀)に会えるよ」
とある友達に言われていたんですが、
いつも変わったことを言う友達なので
冗談か何か別の話かと思ってスルーしてたんですが(ひどい)


c0220786_6511438.jpg



c0220786_6514499.jpg



行ってみたら岸にこんな感じの集団の亀が5mおきくらいにいて
結構びっくりしました。






聞いていた感じだと代々木公園とか砧公園のような
広い芝生が広がっている公園というイメージで、
確かにそういう感じでもあるんですが
ローマにある他の公園と同じく、
もとは貴族の所有していた公園なので
中心部に美しいヴィラと噴水があります。



c0220786_652533.jpg



c0220786_6544463.jpg



ここにもバラが満開でアーチになっていて
今がちょうどいい季節。
このアーチの下のベンチにいつまでもいれそうです。

c0220786_6555020.jpg


c0220786_6562796.jpg






徒歩で行かれるのなら
トラステベレからサン・ピエトロ・モントーリオ教会へ上がり、
パオラの泉を通って公園にはいると
10分くらいでヴィラが現れるので、
それでもかなり歩きますが
見所がたくさんあって楽しいと思います。

私は間違えてグレゴリオ・セッティモ通りから歩いてしまい、
途中荒野のようなところを歩き朽ち果てそうになりました。





ふたつのランキングに参加中です。
よろしければぽちぽちお願いします。

イタリア情報ブログ村ランキングへ

ヨーロッパ情報ブログランキングへ
[PR]

by chicca-blog | 2010-05-22 07:36 | ローマ散歩

ローマのバラ園

c0220786_859265.jpg



前回の記事を書いてから
すっかりバラ気分になり、
チルコ・マッシモにあるバラ園へ思い立って行ってきました。



c0220786_911312.jpg


といっても、もう開園の時間を過ぎていたので
門は閉まっていたんですが、
そこここにバラの花が見え隠れし、
鉄柵の外にもバラを見ることができたので
西日の中、散歩をたのしめました。





c0220786_932586.jpg

c0220786_941044.jpg

c0220786_995045.jpg

c0220786_95679.jpg



目の前はこんな景色が広がってます。
走って渡るsuoraをぱちり。

c0220786_953624.jpg



本当はバラの香りを楽しむ為には午前中がいいんですけどね。

・・・実はこの近くにあるジェラテリアにも行きたくなって・・・
それで急いで出てきたというわけです。

ジェラテリアの話は次回!







ふたつのランキングに参加中です。
よろしければぽちぽちお願いします。

イタリア情報ブログ村ランキングへ

ヨーロッパ情報ブログランキングへ
[PR]

by chicca-blog | 2010-05-15 09:12 | ローマ散歩

週末&

c0220786_505259.jpg


日曜はイタリアに来て初めてテニスをして、
久しぶりに筋肉痛に。
やっぱり運動すると気持ちいいですねー!

旦那さんは初心者だったのでほとんどお互い球拾いで終わっちゃったんですが、
ひさしぶりにコートに立つだけでわくわくした気持ちが戻ってきました。


昨日は夕方にものすごいヒョウが降って、
古いたてつけの悪い窓から雨水が入ってしまい、
窓際のものを移動するのに一時パニック。

そのかわり風で吹き飛ばされた新緑の葉やら花やら、
雨上がりの街がとってもきれいでした。


c0220786_52025.jpg


c0220786_524474.jpg


c0220786_53869.jpg


c0220786_533756.jpg


c0220786_542166.jpg


c0220786_544625.jpg


c0220786_551735.jpg



そういえば、
確か今日でブログを始めてちょうど半年。
こんなブログですが見に来て下さる方、
本当にありがとうございます。


食べ物にしても読みにくい記述が多いと思いますが
それは自分がよくわかってないからで・・・
もっと勉強して「頼りになるブログ」にするべく、
精進したいと思います!
[PR]

by chicca-blog | 2010-04-21 05:08 | ローマ散歩

時には左折

c0220786_816396.jpg



今日は中華食材を買いに、
ローマのちょっと冴えないチャイナタウン
(と呼んでいいのか迷うくらいの)
VITTORIO EMANUELE ヴィットーリオ・エマヌエーレ
まで行ったのですが、
天気もまずまず良かったので
家から小一時間くらいかかる道を歩いて行きました。
ローマって意外と歩けちゃうんですよね。


c0220786_8202227.jpg


c0220786_8212111.jpg


c0220786_8214746.jpg


c0220786_8302451.jpg


どうせなら今まで通ったことのない道を歩こうと思って
細い裏道を選んで行ったんですけど、
コロッセオから
ドムス・アウレアを抜けてどんどん登って行ったら
広い公園にでて、トライアヌスの浴場の遺跡が。


数年前、この近くに3年ほど住んでいたのに、
こんなに広い公園があるなんて全然知りませんでした。
公園を抜けたら昔何度も通った十字路が出てきて、
しかもその十字路に友達が住んでたから何度も通ったはずなのに、
確かに、あの頃右に曲がってばかりで左に行ったことなかった。


日本で引っ越しをした時は、
気が乗らなかった私は引っ越すことにぶつぶつ文句を言ったりしたけど、
母はいつもたくましくていつの間にか
「あそこのコーヒー、おいしいわよ」
なんていう情報を持ってきて感心したものでした。


人が選んだものに文句だけ言っていればいい時代は過ぎて、
自分で全て選んだにしろ
時々この生活ちょっと飽きたなぁと思ってしまう時
母方式で、いつもと違う道を行くことをお勧めします。
おいしいものをみつけてちょっと幸せになれるかもしれません。




こっちは、藤の花が今が満開のHotel Raphael。
今年、ローマの市内では唯一
Relais&Chateaux 入りしたホテル。
普段から蔦がからまって美しい外観のホテルなんですが、
やっぱり花が満開になると印象が変わります。


c0220786_8232130.jpg


c0220786_8241275.jpg


c0220786_825332.jpg


c0220786_8271512.jpg




Hotel Raphael
Largo Febo , 2 Roma
(ナヴォーナ広場近く)




ふたつのランキングに参加中です。
よろしければぽちぽちお願いします。

イタリア情報ブログ村ランキングへ

ヨーロッパ情報ブログランキングへ
[PR]

by chicca-blog | 2010-04-18 08:45 | ローマ散歩

ローマのアンティーク街、コロナーリ通り

c0220786_6174321.jpg



以前 gelateria del teatro というジェラート屋さんを紹介したんですが、
そこを通るコロナーリ通りは
ローマでもルネッサンスとバロック時代がそのまま
手つかずのまま保存されていることで有名です。


c0220786_619154.jpg

ナヴォーナ広場を北側、
テベレ川と平行しているこの道は
そのままつきあたるとカステル・サンタンジェロが右側に現れ
バチカンにも近いことから中世は巡礼者が往来、
そのため巡礼者に向けて
聖冠(corona=コローナ、コロナーリ通りの由来)や
ロザリオなどを売るお店が軒を連ねたそうです。


現在ではアンティーク街として有名。

c0220786_6212255.jpg


c0220786_6221572.jpg


c0220786_6323160.jpg



去年の始め頃にはこの通りでも
「vendesi(売家)」などの看板が目立って
空き家がかなり目についたのですが、
突然大手のスーペルメルカート
(そのままだけどスーパーマーケット)が開店したり
右側にあったお店が左手に移動したりを繰り返し、
今はほとんどが埋まった感があります。



c0220786_6231780.jpg


c0220786_6241237.jpg


c0220786_62532.jpg


c0220786_625315.jpg


c0220786_62606.jpg


c0220786_6341544.jpg


c0220786_6262147.jpg



写真では良さがまだまだ全然伝わらないので
gelateria del teatro のジュラート片手に歩いてみて下さい。
何度歩いてもしみじみ好きな道です。





ふたつのランキングに参加中です。
よろしければぽちぽちお願いします。

イタリア情報ブログ村ランキングへ

ヨーロッパ情報ブログランキングへ
[PR]

by chicca-blog | 2010-04-09 06:36 | ローマ散歩

パスクワを過ぎて・・・

c0220786_3301629.jpg


パスクワが終わり春が来て
晴れの日が続いて気持ちいいですね。

ご想像通りパスクワでは食べ過ぎ、
旦那さんは昨日から、
私は今日から胃痛と腹痛に悩まされています。

砂糖が簡単に手に入らない頃のお菓子が
のどがひりひりするほど甘いように、
伝統食って「ハレ」の料理でものすごく油気が多い料理が続くので
どうしてもきついです。

お菓子がどんどん甘くなくなっていくように、
全然変わらないように見えるイタリアのこういう行事の食事も変わっていくのかな
と昨日ちょっと思いました。

ダイエット志向でもないけれど、
「ハレ」と「ケ」があまりはっきりしなくなってきてる現代食に
お祝い事だからといって肉料理やバター、脂たっぷりの料理を
どの世代まで作り続けるのかなーと。
もちろんなくなって欲しくないけれど、
形は変わっていかざるをえないんじゃないかなと思います。
といってもいつまでも豊かでいられる保証もないのですが。



さてパスクワの次の日、
Pasquetta パスクエッタと呼ばれる祝日は
カサティエッロという卵とチーズとサラミが入ったパンと
そら豆、パスティエーラを持ってピクニック、
というのが伝統なのですがあいにくの雨。
夕方に光がさしはじめてやっと出かけられました。


c0220786_3311621.jpg


c0220786_3314685.jpg


ピクニックでボルゲーゼ公園に行く予定だったんですが
日が沈んできたのでポポロ広場から
ローマを一望できるボルゲーゼ公園の端まで登って夕焼けを見て終わりでした。


c0220786_3353229.jpg


c0220786_3355640.jpg


c0220786_3361651.jpg



最後の写真は私たちではありません・・・
告知通り私たちはこの時7人で散歩していたので
収集つかなくなってましたのでこんな暇は・・・






ふたつのランキングに参加中です。
よろしければぽちぽちお願いします。

イタリア情報ブログ村ランキングへ

ヨーロッパ情報ブログランキングへ
[PR]

by chicca-blog | 2010-04-07 03:48 | ローマ散歩